楽しく勉強『検定・資格』JP 『懐風藻』に関するミニ検定問題リスト


 

漢検  旅行業務取扱  司法試験  TOEFL  社会保険労務士  エコ検定 
KR  3月4日  ローカルタレント  土佐藩  英語検定  甘え 
  山野清二郎  淡海三船  懐風藻  日本の上代文学史  大伴家持 

『懐風藻』
 『懐風藻』(かいふうそう)は、現存する最古の日本漢詩集。撰者不明の序文によれば、天平勝宝3年11月(ユリウス暦751年12月10日~752年1月8日のどこか)に完成。 奈良時代、天平勝宝3年(751年)の序文を持つ。編者は大友皇子の曾孫にあたる淡海三船と考える説が有力である、また他に石上宅嗣、藤原刷雄、等が擬されているが確証はない。 近江朝から奈良朝までの64人の作者による116首の詩を収めるが、序文には120とあり、現存する写本は原本と異なると想像されている。作品のほとんどは五言詩で、平安初期の勅撰3詩集が七言詩で占められているのと大きく異なる。 作者は、天皇をはじめ、大友・川島・大津などの皇子・諸王・諸臣・僧侶など。作風は中国大陸、ことに浮華な六朝詩の影響が大きいが、初唐の影響も見え始めている。 古代日本で漢詩が作られ始めるのは、当然大陸文化に連なろうとする律令国家へ歩みが反映されている。『懐風藻』の序文によれば、近江朝の安定した政治による平和が詩文の発達を促し、多くの作品を生んだという。

@item)

価格 円
[商品詳細]

楽しく勉強『検定・資格』JP
クリムゾン通信   Webサービス by Yahoo! JAPAN  趣味・個人ランキング  井ちゃんねる:2chスレ検索サイト
(C)2017 aquaFLASH