楽しく勉強『検定・資格』JP 『大伴』に関するミニ検定問題リスト


 

電気工事士  常識力検定  TOEFL  ビジネスマナー  ファイナンシャルプランナー  消防設備士 
リサーチ  CIN  スカウト  あたらし  福山潤  KIBA 
大伴  宿禰    吹負  家持  大伴家持 

『大伴安麻呂』
 大伴 安麻呂(おおとも の やすまろ、生年不明 - 和銅7年5月1日(714年6月21日))は、日本の飛鳥時代から奈良時代の人物。姓は連、後に宿禰。大納言大伴長徳の六男。大納言兼大将軍正三位、贈従二位。 672年の壬申の乱では大海人皇子(天武天皇)の側に立ち、大伴吹負からの連絡の使者になった。兄大伴御行の死後、702年に参議として公卿に列し、705年に大納言になった。 天武・持統朝 壬申の年(672年)の6月、大海人皇子が近江の朝廷に対して兵を興すため東国に向かうと、倭(大和)の自宅にいた大伴吹負は皇子のために同志を募り、「一、二の族および諸豪傑」あわせて数十人を得た。「一、二の族」の中に、大伴安麻呂があったと思われる。吹負は29日に挙兵し、敵の内応によって倭京を奪取した。この成功を美濃国の不破宮に報じる使者に、大伴安麻呂、坂上老、佐味宿那麻呂がなった。彼らは無事に任務を果たしたらしい。宿那麻呂はこの後とって返して吹負の下で戦ったが、安麻呂のその後の行動は不明である。同様に吹負のもとに返ったかもしれないが、別の方面にいたかもしれない。

@item)

価格 円
[商品詳細]

楽しく勉強『検定・資格』JP
クリムゾン通信   Webサービス by Yahoo! JAPAN  趣味・個人ランキング  井ちゃんねる:2chスレ検索サイト
(C)2017 aquaFLASH